image-header--news

2021年度のニュース一覧

刊行物

2021.07.24

論文刊行: Great apes' understanding of biomechanics: eye-tracking experiments using three-dimensional computer-generated animations

Sato Y, Kitazaki M, Itakura S, Morita T, Sakuraba Y, Tomonaga M, Hirata S (2021) Primates [doi]

刊行物

2021.07.22

論文刊行: Plant-eating carnivores: Multispecies analysis on factors influencing the frequency of plant occurrence in obligate carnivores

Yoshimura H, Hirata S, Kinoshita K (2021) Ecology and Evolution, 00: 1-16 [doi] [Full Text] [概要] ネコ科動物24種を対象に、糞や消化管に植物が含まれる頻度に対する様々な要因の影響を推定しました。植物の検出頻度と体重との間に負の相関があることが示唆されました。 

刊行物

2021.07.13

論文刊行: Embryo and fetal position during pregnancy by ultrasonographic examinations in bottlenose dolphin (Tursiops truncatus)

Terasawa F, Akiyama H, Sakuragi T, Haneda S, Shirakata C (2021) Journal of Veterinary Medical Science, 83(7): 1138–1143 [doi] [くわしくはこちら]

公募

2021.07.12

獣医師公募

野生動物研究センター熊本サンクチュアリで獣医師を公募します。詳しくはこちらでご確認ください。

刊行物

2021.07.07

論文刊行: イムノクロマトグラフィを応用して、フィールドで簡易的に糞からユキヒョウのストレスホルモンを抽出し測定する方法を作製しました

Kinoshita K (2021) A filed-friendly method of measuring faecal glucocorticoid metabolite concentration as a simple stress checker in snow leopards Methods in Ecology and Evolution, 00, 1-13 [doi] [Full article for free (for a limited time)] British Ecological Societyのサイトでも詳細が紹介されています

刊行物

2021.07.01

論文刊行: ミナミハンドウイルカの腹部斑点における成長依存的変化

Yagi G, Sakai M, Kogi K (2021) Age-related changes to the speckle patterns on wild Indo-Pacific bottlenose dolphins Marine Mammal Science [doi] [日本語解説]

イベント

2021.06.21

京大の動物博士と自由研究!「動物のわかっていること・わかっていないこと」

2021年8月8日(オンライン開催)・要事前申込 くわしくはこちらをご覧ください

刊行物

2021.06.16

論文刊行: Genetic diversity of the endangered Japanese golden eagle at neutral and functional loci

Naito-Liederbach AM , Sato Y, Nakajima N, Maeda T, Inoue T, Yamazaki T, Ogden R, Inoue-Murayama M (2021) Ecological Research [doi] 絶滅危惧種ニホンイヌワシの遺伝的多様性を調べました。遺伝的多様性は病気や環境の変化に適応するために必要で、特に数が減っている種では減少しないよう注意しなければなりません。本研究では、日本各地の野生・飼育イヌワシからDNAを抽出し、中立的な遺伝子と機能を持つ遺伝子の多様性を調べました。その結果、いずれも減少の兆候がみられたため、遺伝的交流の確保などの保全方策を早急に進める必要があることがわかりました。

刊行物

2021.06.15

論文刊行: 中国ノラネコ問題の生態学影響の先行論文について、研究方法と中国の社会背景配慮の不足点を指摘しました

Zhang Z, Qi H, Guo P (2021) Doubtful estimates of wildlife killed by free-ranging cats in China. A response to Y. Li et al. Biological Conservation 253 (2021) 108929 Biological Conservation [doi] [全文リンク(8/4までの期間限定)]

刊行物

2021.06.11

論文刊行: Olfactory epithelium and ontogeny of the nasal chambers in the bowhead whale (Balaena mysticetus)

Farnkopf IC , George JC , Kishida T, Hillmann DJ , Suydam RS , Thewissen JGM (2021) The Anatomical Record [doi] [日本語解説]

刊行物

2021.06.08

論文刊行: マレー半島に生息するマレーバクの遺伝的多様性と系統関係をミトコンドリアDNA調節領域を用いて調べました

Lim QL , Yong CSY , Ng WL , Ismail A, Rovie-Ryan JJ , Rosli N, Annavi G (2021) Genetic diversity and phylogenetic relationships of Malayan tapir (Tapirus indicus) populations in the Malay Peninsula based on mitochondrial DNA control region. Biodiversity and Conservation [doi]
2021.06.04

ニュースレター 026号

ニュースレター026号を追加いたしました。
2021.06.01

書籍「キリンの保育園‐タンザニアでみつめた彼らの子育て」刊行

特任研究員の齋藤美保(WRC卒業生)が書籍「キリンの保育園‐タンザニアでみつめた彼らの子育て」を京都大学学術出版会から出版しました。詳しくはこちら

イベント

2021.05.20

第10回ふれデミックカフェ

ふれデミックカフェ@京都リサーチパーク &オンライン「動物たちの落とし物"糞"から彼らの内面を読み解く」
2021年6月18日16:30~
当センターの木下助教が登壇します。大学との共同研究や事業化に向けた研究に関心のある方は奮ってご参加ください!
参加申込等、詳細はこちら

刊行物

2021.05.19

論文刊行: Knowledge-based enrichment: Development of a novel enrichment device for captive chimpanzees

Brooks J, Yoshimura H, Taki Y (2021) Zoo Biology [doi] 【学生による論文刊行】飼育下チンパンジーのための新しいエンリッチメント装置をデザインしました。チンパンジーの知識を利用することで、エンリッチメントへの高いモチベーションを維持することができ、装置の構造をより重層化できることが示唆されました。

刊行物

2021.05.18

論文刊行: ウトウの代謝と体温調節

Umeyama A, Niizuma Y, Shirai M (2021) Field and laboratory metabolism and thermoregulation in rhinoceros auklets PeerJ, 9:e11460 [doi] [日本語解説] 【共同利用・共同研究の成果】海中に浮いて過ごすことの多いウトウは、冷たい水の中では、エネルギーを多く消費してしまう。水温が5℃の時にはこれが顕著だが、それよりも暖かければ、消耗は小さいことが分かった。ウトウは水温5℃以上のところにいることが多く、うまく適応しているようだ。

刊行物

2021.05.04

論文刊行: 尿中のクレアチニン濃度を測定することで、冬眠中のコウモリの水分状態や覚醒パターンの性差および環境差を推定できることを明らかにしました。

Ryu H, Kinoshita K, Joo S, Kim S (2021) Urinary creatinine varies with microenvironment and sex in hibernating Greater Horseshoe bats (Rhinolophus ferrumequinum) in Korea BMC Ecology and Evolution, 21, 77 [doi]

刊行物

2021.04.29

論文刊行: 乳幼児のテンポ制御および同期行動の発達 ― 生後18ヶ月から42ヶ月児を対象とした研究

Yu L, Myowa M (2021) The early development of tempo adjustment and synchronization during joint drumming: A study of 18- to 42- month-old children Infancy [doi]

刊行物

2021.04.29

論文刊行: Small males of the fiddler crab Austruca perplexa court more in the off-peak breeding period when large males court less

Tina FW , Muramatsu D (2021) Journal of Ethology [doi]

刊行物

2021.04.20

論文刊行: 捕獲圧のない地域におけるヤクシカ密度指標の 18年間の増減:屋久島世界遺産地域・照葉樹林の事例

揚妻 直樹, 揚妻-柳原 芳美, 杉浦 秀樹 (2021) 保全生態学研究 [doi] [北海道大学のプレスリリース] 【共同利用研究による論文刊行】屋久島世界遺産地域でヤクシカが減少している!~従来の定説を覆す,生態系による制御の可能性を示唆~
2021.04.05

ニュースレター 025号

ニュースレター025号を追加いたしました。