2022年度から開始する、共同利用研究を募集します。大学等の研究機関に所属する研究者や大学院生はもちろん、動物園・水族館等の職員の方、その他野生動物保全に携わる方など、多くの方にご参加いただければ幸いです。

↓募集要項:応募に関する全般的な説明と共同利用研究の概要です。最初にお読み下さい。

募集要項(MS Word版) 募集要項(PDF版)

申請書

研究区分A(研究費の配分を伴うもの; Category A, with financial support)
2022年度の研究を募集しています。締切は2022年1月16日(日)です。
申請書A(申請内容) (日本語、MS Word)
申請書A(申請データ) (日本語、MS Excel)
Category A, with financial support
Application form for Cooperative Study A (research contents) (English, MS Word)
Application form for Cooperative Study A (data) (English, MS Excel)

研究区分B(研究費の配分を伴わない、施設利用など)
申請書B(申請内容) (日本語、MS Word)
申請書B(申請データ) (日本語、MS Excel)
Category B, without financial support
Application form for Cooperative Study B (research contents) (English, MS Word)
Application form for Cooperative Study B (data) (English, MS Excel)

同一課題での2回目以降の利用
同じ年度内に、同一課題で2回目以降に利用する場合は、 申請書B(申請データ) (日本語、MS Excel) だけをご提出ください。 同じ課題で野外観察施設や実験施設などを2回以上利用する場合などが該当します。 なお、施設が混み合っている場合は研究内容が承認されていても、お使いいただけない場合があります。

Application for provisioning to Koshima monkeys
幸島でのニホンザルへの給餌は厳密に管理しています。給餌を伴う研究をする場合は、事前に申請し、許可を得てください。(内容によっては許可しないこともあります。)
Application for provisioning to Koshima monkeys (English, MS Word)

提出先

E-mail: wrc_kyodo@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
京都大学野生動物研究センター共同利用・共同研究担当
〒606-8203 京都市左京区田中関田町2-24
Tel: 075-771-4393
Fax: 075-771-4394

なお、本募集は共同利用・共同研究拠点「絶滅の危機に瀕する野生動物(大型哺乳類等)の保全に関する研究拠点」として行われるものです。「拠点の目的、概要、役割」に沿った共同利用・共同研究が求められることに留意ください。また、野生動物研究センターが定める「野生動物を研究する際のガイドライン」および「動物研究の倫理に関するガイドライン」を必ずお読みになった上で申請を行って下さい。これらに準拠しない研究は採択しません。