image-header--news

2018年度のニュース一覧

イベント

2019.03.22

動物園水族館大学シンポジウム「悩める動物園・水族館」

事前申込不要・入場無料
日程:2019年3月22日 / 会場:京都市国際交流会館
くわしくはこちら

刊行物

2019.03.13

論文刊行: (藤原、村山)

Scientific Reports に論文が掲載されました。イヌの未熟な卵子を発育可能な状態で卵巣組織ごと凍結保存する方法を見出しました。
Vitrification of canine ovarian tissues with polyvinylpyrrolidone preserves the survival and developmental capacity of primordial follicles
Mayako Fujihara, Takehito Kaneko & Miho Inoue-Murayama
Scientific Reports, (2019) volume 9: 3970 https://doi.org/10.1038/s41598-019-40711-6

イベント

2019.03.04

【終了】WRC共同利用研究会2018 3月8日(金) 京都にて

これまでの共同利用研究の成果を発表します。どなたでもご参加いただけます。
https://www.wrc.kyoto-u.ac.jp/seminar/workshop18.html

イベント

2019.02.15

京都大学附置研シンポジウムに教員が登壇します

第14回京都大学附置研究所・センターシンポジウム
京都からの挑戦 —地球社会の調和ある共存に向けて
日時: 2019年3月9日(土) 10:00-17:00
場所: 静岡県浜松市 えんてつホール
詳しくはこちら

刊行物

2019.02.14

[New Article] From groups to communities in western lowland gorillas

Giovanni Forcina, Dominique Vallet, Pascaline J. Le Gouar, Rubén Bernardo-Madrid, Germán Illera, Guillem Molina-Vacas, Stéphane Dréano, Eloy Revilla, José Domingo Rodríguez-Teijeiro, Nelly Ménard, Magdalena Bermejo and Carles Vilà From groups to communities in western lowland gorillas. 286. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences doi: 10.1098/rspb.2018.2019

受賞

2019.02.14

第11回京都大学優秀女性研究者奨励賞(学生部門)を受賞しました。

当センターの齋藤美保が、すぐれた若手の女性研究者におくられる、 第11回京都大学優秀女性研究者奨励賞(学生部門)を受賞しました。
京都大学HPへ

受賞

2019.02.06

学生が発表賞を受賞いたしました

前田玉青(M1)が,2019年1月愛知県犬山市でおこなわれた第63回プリマーテス研究会において,最優秀口頭発表賞(The Best Oral Presentation Grand Prize)を受賞いたしました。

報道

2019.01.31

BBCのインタビュー記事がでました

村山美穂・WRCセンター長の研究プロジェクトが、BBCの記事How "bodies on a chip" can transform animal welfareで紹介されました。

イベント

2019.01.18

公開シンポジウム「老いの進化ー映像データベースが拓くPan属類人猿研究の新展開」

日程:2019年2月2日 場所:鎌倉女子大学
発表者と演題:
藤澤道子(京都大学)年をとるということー人間とチンパンジーの比較
柳興鎮(梨花女子大学)ボノボの老化ー社会・配偶システムは寿命に影響するか?
座馬耕一郎(長野県看護大学)野生チンパンジーの老いを観察することについての考察
中村美穂(京都大学野生動物研究センター福祉長寿寄附研究部門教員/京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門)撮って放送して終わりの時代は終わったー映像資料が老化研究に活かせるワケ
申し込み方法などは詳細はこちら

イベント

2018.11.22

野生動物研究センター 創立10周年記念連続セミナー in 丸の内

第1回 平成30年10月29日(月)19:00~20:30 『遺伝子で何がわかる?どこまでわか る?』(村山 美穂 教授) 終了 
第2回 平成30年12月3日(月)19:00~20:30 『動物の心を探る』(平田 聡教授) 終了
受付中⇒第3回 平成31年2月8日(金) 19:00~20:30『野生動物の行動を理解する』(幸島 司郎教授)
詳しくはこちら

イベント

2018.11.09

The 9th International Seminar on Biodiversity and Evolution

【日時】2018年11月20日
【時間】12:30-18:30
【場所】京都大学北部キャンパス 理学研究科セミナーハウス

Date & Time: November 20th, 2018 12:30-18:30
Venue: Science Seminar House, North Campus of Yoshida Campus, Kyoto University
[More info]

刊行物

2018.10.29

岩波書店発行の月刊誌「科学」11月号で、 「分かちあう心の進化」と題した特集号がでました。

詳しくはこちら

刊行物

2018.10.12

論文刊行:岸田ほか

Kutsuma R, Sasai T, Kishida T(2018) How snakes find prey underwater: sea snakes use visual and chemical cues for foraging. Zoological Science, in press.

受賞

2018.10.11

教員の木下が、9月1日に日本野生動物医学会奨励賞を受賞しました

・受賞業績:生息域内外における保全繁殖学研究
・関連団体:http://www.jjzwm.com/opinion.html#8

刊行物

2018.10.11

学生による論文刊行

Spatial positioning of individuals in a group of feral horses: a case study using drone technology. Inoue, S., Yamamoto, S., Ringhofer, M. et al. Mamm Res (2018). doi: 10.1007/s13364-018-0400-2

イベント

2018.09.26

京都大学 野生動物研究センター 創立10周年記念セミナー in 丸の内

~野生動物研究の最前線~ 『遺伝子で何がわかる? どこまでわかる?』
開催日時:2018年10月29日
講師:村山 美穂 博士(京都大学野生動物研究センター長・教授)
参加費:3,000円(大学院生・大学生・専門学校生:2,000円、高校生以下:1,000円)
[詳細はこちら]

イベント

2018.09.18

第14回国際環境エンリッチメント会議

日程:2019年6月22-26日 会場:京都大学 只今参加申し込み受付中

受賞

2018.08.31

学生の発表賞

熊本サンクチュアリでの研究成果が、東広島市で開催された日本動物心理学会第78回大会において優秀発表賞を受賞しました。
発表題目: Chimpanzees, but not bonobos, preferentially view infants of own species over adults
発表者: Yuri Kawaguchi, Fumihiro Kano, and Masaki Tomonaga

公募

2018.08.30

[終了] 野生動物研究センター 事務補佐員の公募

9月14日応募を締め切りました。
野生動物研究センター 事務補佐員の公募
募集要項はこちらでご確認ください。 8月1日:募集開始 8月30日:給与等を変更しました

イベント

2018.08.20

公開講座「幸島ニホンザルの観察会」

京大ウィークス2018関連イベントとして、2018年11月18日(日)に幸島観察所にて公開講座をおこないます。事前申し込みの締め切りは10月15日です。詳細はこちら

報道

2018.08.20

Elephants Crossing

大学院生のNachiketha SharmaがSaeuvs誌に記事「Elephants crossing - Roads most travelled」を寄稿しました

イベント

2018.08.20

講演会『遺伝子から野生動物を観る - 野生動物保全ラボの挑戦』

※事前申込必要
平成30年度 名古屋港水族館共同研究講演会『遺伝子から野生動物を観る - 野生動物保全ラボの挑戦』
2018年9月29日 / 講師:村山美穂・京都大学野生動物研究センター長

刊行物

2018.08.09

論文刊行:Fred B. Bercovitch他

Movement patterns and herd dynamics among South African giraffes (Giraffa camelopardalis giraffa) Francois Deacon, Fred B. Bercovitch (2018) African Journal of Ecology Volume 56, Issue 3 Pages 620-628. doi: 10.1111/aje.12514

刊行物

2018.08.09

論文刊行:Fred B. Bercovitch

Conservation conundrum: Endangered predators eating endangered prey. African Journal of Ecology Volume 56, Issue 3 Pages 434-435. doi: 10.1111/aje.12545

公募

2018.08.01

[終了] 野生動物研究センター 特定職員の公募

追記:募集は締め切りました。
募集要項はこちら
2018.07.23

京大先生シアター

京都大学広報サイト"探検!京都大学"の京大先生シアターに、平田聡・野生動物研究センター教授のインタビュー動画が掲載されました。

刊行物

2018.07.04

論文刊行:村山 他

Ito H, Udono T, Hirata S, Inoue-Murayama M (2018)
Estimation of chimpanzee age based on DNA methylation.
Scientific Reports, 8:9998 doi

刊行物

2018.06.27

学生が論文を刊行しました

Sato Y, Kano F, Hirata S(2018) Cutting-edge infrared thermography as a new tool to explore animal emotions. Japanese Journal of Animal Psychology, Volume 68, Issue 1 Pages 1-15. 10.2502/janip.68.1.7

イベント

2018.06.25

公開シンポジウム『ゲノム情報を活用した希少動物の保全に向けて』

[WRC共催イベント] 2018年9月20日
日本動物遺伝育種学会公開シンポジウム
ゲノム情報を活用した希少動物の保全に向けて

イベント

2018.05.28

国際セミナー開催のおしらせ

The 8th International Seminar on Biodiversity and Evolution:
Wildlife Science by Environmental DNA Analysis
日時:2018年6月5日 10時~17時 会場:京都大学理学研究科セミナーハウス 詳細はこちら

刊行物

2018.05.18

論文刊行:ラマダン、村山 他

LDHA gene is associated with pigeon survivability during racing competitions.Ramadan S, Miyake T, Yamaura J, Inoue-Murayama M.PLoS One. 2018 May 18;13(5):e0195121. ハトの飛翔能力に関与する遺伝子を見いだしました。詳細はこちら  

刊行物

2018.05.10

論文刊行:村山 他

Effect of Canine Oxytocin Receptor Gene Polymorphism on the Successful Training of Drug Detection Dogs.Konno A, Inoue-Murayama M, Yabuta S, Tonoike A, Nagasawa M, Mogi K, Kikusui T.J Hered. 2018 Mar 10. doi: 10.1093/jhered/esy012. [Epub ahead of print] 麻薬探知犬の合格率にオキシトシン受容体の遺伝子型が関与していることを見いだしました。詳細はこちら  

刊行物

2018.04.06

論文刊行: 地獄谷のニホンザル、温泉に入ってストレスを緩和 -温泉入浴がストレスホルモンの濃度を下げることを解明-

Rafaela S. C. Takeshita, Fred B. Bercovitch, Kodzue Kinoshita, Michael A. Huffman (2018). Beneficial effect of hot spring bathing on stress levels in Japanese macaques. Primates. [doi] [日本語解説]

報道

2018.04.03

京大先生図鑑

京都大学広報サイト"探検!京都大学"の京大先生図鑑ページに、村山美穂・野生動物研究センター長のインタビュー記事が掲載されました。

イベント

2018.04.02

野生動物学のすすめ

4月15日に京都市動物園で連携記念イベント「野生動物学のすすめ」を開催します。一部のプログラムは事前申込受付中です、詳しくは京都市動物園のこちらのページでご確認ください