共同利用・共同研究拠点

共同利用・共同研究の募集

共同利用・共同研究のページ へ戻る

  • 平成29(2017)年度の計画研究、自由研究の公募は締め切りました。
  • 施設利用については随時受け付けています。
  • 申請書のダウンロードはこのページの一番下からおこなえます


平成29(2017)年度の募集(簡略版)

 京都大学野生動物研究センターは、野生動物や動物園・水族館などで飼育されている動物を主な対象として、基礎研究や保全研究ならびに野生動物や自然環境への理解を深めるための教育活動などを推進しています。共同利用・共同研究は、このような基礎研究や教育活動をより広範に進め、全国の野生動物保全研究の発展に寄与することを目的として、当センター以外の方の研究をサポートしています。大学等の研究機関に所属する研究者や大学院生、動物園・水族館等で働く職員の方、その他野生動物保全に携わる方など、多くの方にご参加いただければ幸甚です。この事業を核として、日本で唯一の野生動物保全研究の拠点を構築し、野生動物の保全をよりいっそう社会に根付いたものにしていくことを目指しています。当センターの共同利用・共同研究を希望する方は、下記の要領に従ってご応募ください。
 なお、ここでは募集の概略を掲載しています。応募する際には必ず 下記の「募集要項」をダウンロードしてご覧下さい。

1. 申請資格

平成29年4月1日時点で、大学や研究機関の研究者または大学院学生、動物園・水族館職員、またはこれらに相当する方(国外の大学や研究機関の方でも、応募できる場合があります。大学院進学予定の学部4年生など、平成29年4月1日に新たに大学院生になる予定の方も応募できます。)

2. 研究期間

平成29年4月1日より平成30年3月31日までの希望する期間

3. 研究内容

A. 計画研究(平成29年度実施分の募集は終了しました)
 当センターの共同利用・共同研究として、特に重視するテーマに沿った研究を募集します。募集する課題は下記の通りです。 最大で20万円の研究費助成があります。
  1. 野生動物を対象とした保全・基礎研究
  2. 動物園・水族館における基礎研究

B. 自由研究(平成29年度実施分の募集は終了しました)
 野生動物研究の総合的発展をめざして、応募者の自由な発意にもとづく「自由研究」も募集します。 最大で20万円の研究費助成があります。

C. 施設・試料利用(随時募集しています)
 野生動物研究センター附属観察ステーション等、国内外研究拠点の宿泊施設、研究設備を利用できます(ゲノム実験・行動実験・行動観察も含む)。幸島ステーションは自然観察等の教育目的でもご利用いただけます。野生動物研究センターが保有する写真などの映像資料や、様々な動物のDNA試料などを、共同研究のために利用できることがあります。
 なお、研究費の支給はありません。

4. 対応者

野生動物研究センターの教員(「対応者」と呼びます)と共同で研究を進めていただきます。申請に先立ち、対応者と必ず綿密な打合せを行ってください(ない場合は申請が受理されません)。代表者は、こちらを参照の上、研究分野の近い野生動物研究センターの教員(対応者)に直接連絡を取ってください。
なお適当な対応者が見つからない場合は、下記の問合せ先までご相談ください。

5. 申請数

研究費を支給する研究区分AまたはBの申請は、1人1研究課題とします。

6. 重複申請

 同じ研究課題で、他の競争的研究資金と本研究費(A,Bの研究区分)を同時に受領することはご遠慮ください。本共同利用・共同研究では、限られた予算の中で、できるだけ幅広い研究支援をすることを目指しております。趣旨をご理解いただき、効果的な資金の活用にご協力ください。
ただし申請の時点で、他の競争的資金の採否が分からない場合は、同じ内容での申請を妨げません。(例えば、同じ研究内容で、科研費と本研究費にご応募いただくことは可能ですが、科研費が採択された場合には、研究費の支給のない研究区分Cとして採択させていただくなどの変更をお願いすることがあります)。
また、本拠点の複数の課題から、同一人物が資金を受け取ることは出来ません(例えば、代表者として資金を受けている人が、他の研究課題の分担者となり、旅費を受け取るなど。なお、施設利用などで資金を受けない課題では、重複しても構いません)。
詳しくはお問い合わせ下さい。

7. 採否

 共同利用・共同研究拠点計画委員会において申請書の内容を審査し、拠点運営協議会にて採否を決定します。採否の連絡は平成29年3月中旬となる見込みです。

8. 申請方法

 詳細な説明は募集要項に記載しています。
 共同利用・共同研究申請書をダウンロードし、必要事項を記入の上、下記メールアドレスにメール添付で提出して下さい。
幸島観察所・屋久島観察ステーションの利用を希望される場合は、観察所利用申請もお送り下さい。(利用期間が2週間以上先で、予定が確定していない場合は、観察所利用申請は後でお送りいただいても結構です)。
送信後、数日以内に受領のメールが届かない場合は確認のご連絡をお願いします。(休日は対応しておりません)
不明な点は、下記の問合せ先まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

9. 申請締切

 研究区分A・Bは、平成29年1月17日(火)必着です。なお、遅くとも1月初旬には対応者と連絡をとり、必要に応じて、提出前に申請書の下書きを対応者と検討することをお勧めします。
 研究区分Cは年間を通して募集します。遅くとも利用開始の2週間前までに申請書を提出して下さい。

10. 問合せ先、申請書提出先

 京都大学野生動物研究センター共同利用・共同研究担当
 〒606-8203 京都市左京区田中関田町2-24
 E-mail: kyodo(at)wrc.kyoto-u.ac.jp
 Tel: 075-771-4393
 Fax: 075-771-4394

8. 対応者一覧

それぞれの教員(対応者)の研究対象や研究分野については詳細をクリックして下さい。
それぞれの詳細ページにメールアドレスが掲載されていますので、申請前に必ず打合せを行って下さい。なかなか返事が来ない場合は、フィールド調査、海外出張などで不在の可能性もありますので、問い合わせ先までご連絡下さい。
  • 伊谷 原一(いだに げんいち) 詳細
  • 幸島 司郎(こうしま しろう) 詳細
  • 村山 美穂(むらやま みほ) 詳細
  • 平田 聡 (ひらた さとし) 詳細
  • 杉浦 秀樹(すぎうら ひでき) 詳細
  • 森村 成樹(もりむら なるき) 詳細
  • 鈴村 崇文(すずむら たかふみ)

申請書のダウンロード

募集要項(応募に関する全般的な説明と共同利用研究の概要です。最初にお読み下さい)
 日本語、MS Word pdf

共同利用・共同研究申請書(研究区分A、B;研究費を申請する場合)
(平成29年度実施分の募集は終了しました)
 申請書 (日本語、MS Word)
 Application form for Cooperative Study (Category A and B, with financial support) (English, MS Word)

共同利用・共同研究申請書(研究区分C;施設・資料利用)
 申請書 (日本語、MS Word)
 Application form for Cooperative Study (Category C, without financial support) (English, MS Word)

幸島観察所・屋久島観察ステーションの利用
 (これらの施設を利用する場合は、共同利用・共同研究申請書に加え、以下もご提出下さい)
 観察所利用申請 (利用希望日などを記入。日本語、MS Word)
 Use of Field Stations (English, MS Word)

 観察所簡易報告書 (観察所の維持管理のため、利用直後にご提出下さい。日本語、MS Word)

幸島でのニホンザルへの給餌は厳密に管理しています。給餌を伴う研究をする場合は、事前に申請し、許可を得てください。(内容によっては許可しないこともあります。)
 Application for provisioning to Koshima monkeys (English, MS Word)

実験室の利用
 (京都・関田南研究棟の実験室を利用する場合は、共同利用・共同研究申請書に加え、以下もご提出下さい)
 実験室利用申請 (利用希望日などを記入。日本語、MS Word)
 Use of the Laboratory (English, MS Word)

 実験室簡易報告書 (実験室の維持管理のため、利用直後にご提出下さい。日本語、MS Word)


報告書様式

3月31日締切

報告書(様式12 日本語、MS Word)
Report Form (English, MS Word)


共同利用・共同研究のページ へ戻る