京都大学と京都市が野生動物保全に関する教育及び研究の

連携協定を締結

2008年4月18日

握手をする門川大作京都市長と尾池和夫総長

京都大学と京都市が野生動物保全に関する教育及び研究の連携協定を締結しました

京都大学及び京都市は,野生動物の保全と共生に向けた取組を京都市動物園において行うことを目的として,「野生動物保全に関する教育及び研究の連携に関する協定書」を締結し、連携の発足式を京都市動物園で執り行いました。

協定概要

京都大学及び京都市は,京都市動物園と京都大学野生動物研究センターをそれぞれの中核として,京都市動物園における野生動物保全に関する教育及び研究の連携を図るため,協定を締結するものである。

この協定は,野生動物保全のための「種の保存」と「環境教育」を実践する場として,

京都市動物園の機能充実を目指す京都市と地球社会の調和ある共存という理念の下,実感を基盤とした「環境教育」を通じて,次世代へ人間を含めた自然のあり方についての深い理解を伝えていくことを目指す京都大学とが連携し,野生動物の保全と共生に向けた取組を京都市動物園において行うことを目的とする。

<協定の主たる協力事項>

  1. 京都市動物園で飼育する動物の研究に関する事項
  2. 京都市動物園における環境教育及び生涯学習に関する事項
  3. 絶滅危惧野生動物の保全に関する事項

左から京都市動物園の秋久成人副園長、長谷川淳一園長、山岸吉和京都市文化市民局長、野生動物研究センターの伊谷原一センター長、田中正之専任教員、松沢哲郎霊長類研究所所長、木谷雅人京都大学理事・副学長

尾池和夫総長の挨拶 京都市との連携に際しての挨拶

京都新聞(4月19日32面)及び産経新聞(4月19日22面)に掲載されました。