Nahoko Tokuyama

徳山奈帆子

京都大学霊長類研究所国際共同先端研究センター助教

(勤務地:野生動物研究センター)

履歴書 English 個人ページ
なぜ一人は「寂しい」のだろう、なぜ「誰かと一緒にいたい」のだろうという疑問から始まり、集団生活を送る動物の社会交渉の研究を始めました。幼いころからのアフリカへのあこがれもこの道へ進んだ動機の一つです。コンゴ民主共和国・ルオー学術保護区ワンバのボノボを対象として、メス同士の連合関係や集団の凝集性を保つメカニズム、集団間の攻撃的・親和的交渉といった社会生態学的研究を行っています。ウガンダ共和国・カリンズ森林のチンパンジーとの比較研究も進めています。
略歴
  • 2020-
    京都大学霊長類研究所国際共同先端研究センター助教
    (勤務地:野生動物研究センター)
  • 2017-2020
    日本学術振興会特別研究員(SPD)
    総合研究大学院大学先導科学研究科
  • 2016-2017
    京都大学霊長類研究所特定研究員
  • 2016
    京都大学大学院理学研究科 博士号取得(理学)
  • 2016
    京都大学大学院理学研究科博士後期課程指導認定退学 
  • 2013-2016
    日本学術振興会特別研究員(DC1)京都大学霊長類研究所
  • 2013
    京都大学大学院理学研究科 修士号取得(理学)
  • 2011
    京都大学理学部卒業

執筆文章
査読付き論文
本のチャプター
  • Yamamoto S, Tokuyama N, Clay Z, Hare B (2019). Chimpanzee and Bonobo. In: Choe, J.C. (Ed.), Encyclopedia of Animal Behavior, (2nd ed.). vol. 1, pp. 324–334. Elsevier, Academic Press.
  • Sakamaki T, Behncke I, Laporte M, Mulavwa M, Ryu H, Takemoto H, Tokuyama N, Yamamoto S & Furuichi T (2015). Intergroup transfer of females and social relationships between immigrants and residents in bonobo (Pan paniscus) societies. In Furuichi T, Yamagiwa J & Aureli F (eds.), Dispersing Primates Females, Springer, pp127-169.
読み物
  • 松阪崇久、徳山奈帆子. 人間の娯楽にチンパンジーを利用することの何が問題か. モンキー, 5巻4号, [PDF]
  • 徳山奈帆子, ボノボのメスを怒らせてはいけない-オス間の急激な順位変動を引き起こしたメスたち, モンキー, 4巻4号, pp102-104.