特別講義・自然学

「フィールドワーク:学問の出発点」

主催:霊長類研究所、野生動物研究センター
日時:2009年5月29日(金)、15:00〜17:30
場所:4共30講義室

通常の「霊長類学のすすめ」「野生動物研究のすすめ」の時間枠での特別講義です。
フィールドワークを基礎とする学問の出発点についてお話します。
何を知りたかったか、何がわかったか、これから何をしようとしているか。
4人の話題提供をもとに、霊長類研究、野生動物研究、さらには人間研究について、フィールドワークからの展望を討議します。

幸島司郎(野生動物研究センター)
   「動物園・水族館をフィールドとした野生動物研究」

伊谷原一(野生動物研究センター)
   「宮崎県幸島の野生ニホンザルのフィールドワーク」

松沢哲郎(霊長類研究所)
   「野生チンパンジーのフィールドワークと比較認知科学」

松林公蔵(東南アジア研究所)
   「高齢者医療とフィールド医学」