女子ワイルドライフ・サイエンティスト養成講座

第7回(最終回は講演会)
フィールド女子 vs. ICT男子



日時: 2014年 3月 29日 (土)

会場:京都市動物園(元白川小学校)
(会場アクセスは こちら)


保護者の方,先生方のご参加も歓迎します


 動物のことをもっと知りたい! 動物好きならみんなそう思うでしょう。
でも、どうやって調べるんだろう? どんな勉強をすればいいんだろう。どれくら大変な仕事なんだろう。。。

 じつは動物の研究といっても、いろんな調べ方があるのです。
今回は、野生動物が住んでいる国のその森まで出かけていって調べている女性フィールドワーカーの方をお招きします。 そしてもう一人、ICT(情報通信技術)を駆使して動物のことを調べてやろうとしている男性研究者にもお話ししていただきます。
ほとんど正反対のアプローチの仕方をするお二人の話を聞いてみませんか?
これまでとは違った動物の姿が見られると期待してください

さらに、今回は、動物園の裏側探検も企画しました。動物園には、亡くなった貴重な動物を、はく製や骨格標本として 保管している保管庫があります。これらの資料が、会場となる(元)白川小学校の校舎に引っ越しています。それらの 標本を巡るツアーを企画しました。現在の京都市動物園では見られない動物たちの標本とも会えるチャンスです。
この機会をお見逃しなく!

これまでのプログラムに参加してくれた人も、また参加してみませんか? お楽しみに。
保護者の皆様、学校の先生の方のご参加もお待ちしています。よかったら、子どもたちと一緒に聞いてみてください。


プログラム

13:00 企画説明

13:10 先輩フィールド女子によるミニトーク1
    久世濃子 さん(日本学術振興会・特別研究員/国立科学博物館)
       「動物園とボルネオ島でのオランウータン研究」

13:55 ICT男子によるミニトーク2
    吉田信明 さん(京都高度技術研究所)
       「コンピュータの目で動物たちをもっと生き生きと! 〜動物園でのセンサーデータの活用に向けて〜」

14:40  休憩時間

15:00 動物園資料室探検
       動物園の資料室に眠っているたくさんの剥製や標本を見てみよう。

16:00 まとめのセッション

16:30 閉会

お問い合わせ先
女子ワイルドライフ・サイエンティスト養成講座事務局
girls-wildlife@wrc.kyoto-u.ac.jp
講演者への質問も受け付けます。気軽にメールしてください。
*メールには、送信者のお名前と学年(または年齢)を必ず書いてください。



主催 京都大学野生動物研究センター
協力 京都市動物園 生き物・学び・研究センター
京都水族館
後援 京都府教育委員会・京都市教育委員会

本講演会は、総務省戦略的情報通信研究開発推進制度地域ICT振興型研究開発(#132107006)」 による研究成果の報告会を兼ねています。