京都大学野生動物研究センター 共同利用・共同研究

野生動物研究センター 共同利用研究会 2020

主催 野生動物研究センター
共催 京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院

日時 2020年9月10日(木) 13:00-17:00ぐらい
形式 Zoom によるオンライン発表と討論

お礼

 今回は初めてのオンラインでの実施となりました。総勢67名もの方にご参加いただき、たいへん盛況でした。初めてのオンライン研究会であり、至らない点が多々ありましたことをお詫び申し上げます。それにもかかわらず、多くの方から「面白かった」といっていただけました。興味深い発表をしていただいた講演者と、議論を盛り上げていただいた参加者のおかげです。
 今後はもう少し、会場で集まって開催できるようになることを祈っていますが、できるだけオンラインでの配信も併用し、より多くの方にご参加いただけるようにしたいと思っています。今後ともよろしくお願いします。
 
 参加者 67名
           (内訳 学外 43名 うち 発表者 8名 参加者 35名)
           (   京都大学 当センター以外 8名 うち 発表者 2名 参加者 6名)
           (   当センター 16名 うち 発表者 0名 参加者 16名)

はじめに

 京都大学野生動物研究センターは、野生動物や動物園や水族館館の飼育下の動物を主な対象として、基礎研究や保全研究を推進しています。このような活動をより広範に進めるため、共同利用・共同研究として、当センター以外の方の研究をサポートし、共同研究を行っています。
 この研究会では、これまでの共同利用研究の成果を中心に様々な研究成果や、調査・研究の取り組みを発表していただきます。また、これまでの活動を踏まえて、よりよい共同利用研究のあり方を考えて行きたいと思います。共同利用研究に外部から参加する方、共同利用研究の計画や審査をする方、共同利用を受け入れる内部のスタッフなど、様々な立場の相互理解が進むことで、よりよいものにしていけると期待しています。
 今回は新型コロナウイルスへの対策のため、初めてオンラインにて開催します。また、新型コロナウイルス禍により、調査研究活動に様々な支障が出ていることと思います。現状をお伺いするとともに、これからどのような対応していくことができるのか、といったことを議論できればと思います。
 これまでの共同利用用研への参加の有無にかかわらず、どなたでもご参加いただけます。野生動物や、動物園や水族館の動物を対象とした、調査・研究に関心のある方のご参加も歓迎します。

プログラム

12:00~ 入室できます。
12:30~13:00 開会の挨拶・注意事項の紹介・自己紹介
       オンライン会議では参加者の顔が見えないため、できるだけ自己紹介をお願いします。
13:00~16:00頃 研究発表
16:00頃~17:00頃   ワークショップ

発表要旨が↑のページでご覧いただけます。

参加申込

オンラインでの開催のため、入室にはパスワードが必要です。
下記↓より事前の登録をおねがいします。

発表予定

13:00-13:15 菊池隼人(帯広畜産大学)
       ニホンモモンガはなぜ集団で営巣するのか? 集団サイズの変化過程と交尾行動からの検討
13:15- 13:30 宮本慧祐(東京農業大学)
       人工哺育タヌキを用いた新奇環境への順応過程に関する研究
13:30 -13:45 桃井綾子(青森県営浅虫水族館)
       津軽海峡および陸奥湾に出現する鰭脚類をはじめとした海棲哺乳類の目視調査
13:45 - 13:55 (休憩) 13:55-14:10 大島由貴(名古屋港水族館)、倉橋佳奈(京都大学)
       名古屋港に来遊するスナメリの生態研究:水族館の取り組みと野外調査報告
14:10 -14:25 石合 望(京都大学)
       機械学習を用いたスナメリ鳴音イベント判別手法の確立
14:25 -14:40 小松夏海(三重大学)
       飼育シロイルカの個体間関係を⾳声交換から⾒る新⼿法
14:40 -14:50 (休憩) 14:50 -15:05 川瀬啓祐(日立市かみね動物園)
       飼育下キリンにおける血中遊離脂肪酸および血中ケトン体濃度の定量
15:05 -15:20 木村 嘉孝(宇部市ときわ動物園)
       ボンネットモンキー(Macaca radiata)の血液成分と体毛中アミノ酸組成の関連性調査
15:20 -15:35 宮川悦子(横浜市金沢動物園)
       飼育下コアラ (Phascolarctos cinereus) における尿中ステロイドホルモン濃度測定による生理的変化の評価
15:35 -15:50 (休憩) 15:50-17:00 ワークショップ「調査できてますか?ーコロナ禍での野生動物研究の現状と展望」