報道

液状保存精液を使用した人工授精によるハンドウイルカの出産

共同研究の研究が報道されました。
  • イルカの赤ちゃんが相次ぎ誕生 もとぶ元気村 (琉球新報)
  • 赤ちゃんイルカ「おんぶ」も 誕生の瞬間... (琉球新報)
  • イルカの赤ちゃん誕生!人工授精で出産「無事に生まれて... (琉球新報)
  • 人工授精で生まれたイルカの赤ちゃん、母親に寄り添って元気に泳ぐ 沖縄の観光施設で (沖縄タイムス)
  • 無事に生まれてよかった」イルカの赤ちゃん誕生 沖縄で人工授精 (沖縄タイムス)
  • 人工授精で妊娠 名港水族館のイルカ (名古屋中日新聞こどもニュース)
  • バンドウイルカ「ゼロ」おめでた 名古屋港水族館で人工授精成功 (名古屋中日新聞)
  • バンドウイルカ赤ちゃん誕生 名古屋港水族館、人工授精2例目 (名古屋中日新聞)
  • 人工授精で誕生、バンドウイルカの子ども公開 名古屋港水族館 (朝日新聞デジタル)
  • イルカ精子保存液開発 かごしま水族館 提供先で受胎確認 (南日本新聞)
  • イルカ人工繁殖成功 かごしま水族館開発保存液使用 沖縄で2例目 (南日本新聞)
  • 人工繁殖4例目 かごしま水族館開発保存液利用 (南日本新聞)

本取り組みは、京都大学野生動物研究センター共同利用研究制度を利用しておこなわれました。
課題名:ハンドウイルカの簡便な冷蔵、冷凍精液保存の確立(採択番号 2021-A-21)
申請代表者:公益財団法人鹿児島 市水族館公社・柏木伸幸