屋久島観察ステーションを利用した研究業績 2003

更新日 2008年12月

学術雑誌

  1. Agetsuma N. Sugiura H. Hill D. A. Agetsuma-Yanagihara Y. Tanaka T. (2003) Population density and group composition of Japanese sika deer (Cervus nippon yakushimae) in an evergreen broad-leaved forest in Yakushima, southern Japan. Ecological Research, 18, 475-483.
  2. Hanya G. (2003) Age differences in food intake and dietary selection of wild male Japanese macaques. Primates, 44, 333-339.
  3. Hanya G. Noma N. Agetsuma N. (2003) Altitudinal and seasonal variations in the diet of Japanese macaques in Yakushima. Primates, 44, 51-59.
  4. Hanya G. Yoshihiro S. Zamma K. Kubo R. Takahata Y. (2003) New method to census primate groups: Estimating group density of Japanese macaques by point census. American Journal Of Primatology, 60, 43-56.
  5. Kanetani S. Kawahara T. Kanazashi A. Yoshimaru H. (2003) Study on conservation of genetic resources of an endangered Japanese five-needle pine species, Pinus armandii Franch. Var. amamiana (Koidz.) Hatusima. Proceedings of Breeding and Genetic Resources of Five-Needle Pines: Growth, Adaptability and Pest Resistance.
  6. Matsubara M. (2003) Costs of mate guarding and opportunistic mating among wild male Japanese macaques. International Journal Of Primatology, 24, 1057-1075.
  7. 神谷 大介. 森野 真理. 萩原 良巳. 内藤 正明. (2003) 屋久島における地域住民の生活の満足感と生息地保全に関する認識構造の分析. ランドスケープ研究, 66, 775-778.
  8. 大井 徹. 泉山 茂之. 今木 洋大. 植月 純也. 岡野 美佐夫. 白井 啓. 千々岩 哲. (2003) 音声を手がかりとしたニホンザル野生群の位置探索の正確さについて. 霊長類研究, 19, 193-201.
  9. 森野 真理. 萩原 良巳. 坂本 麻衣子. (2003) 地域社会における生息地の保全インセンティブに関する分析. 環境システム研究論文集 31, pp. 9-17.

屋久島ステーションのページに戻る

学位論文

  1. 清野 未恵子. (2003) ヤクシマザルの採食行動の夏期と冬期の比較. 卒業論文 理学部地球環境科学科, 鹿児島大学.
  2. 辻野 亮. (2003) 屋久島低地照葉樹林における実生の生残動態と環境要因. 修士論文 理学研究科 生物科学専攻 生態科学II, 京都大学.
  3. 早川 祥子. (2003) Molecular Ecology of the Japanese Macaque (Macaca fuscata yakui): Sexual Behavior and Paternity in Wild Yakushima Troops. 博士論文 理学研究科生物科学専攻(霊長類学系), 京都大学.

屋久島ステーションのページに戻る

書籍

  1. Hill D.A. (2003) Effect of demographic variation on kinship structure and behavior in cercopithicines. Primate Kinship (Ed. Chapais B. Berman C.M.): Cambridge University Press.
  2. Thomsen R. Soltis J. Teltscher C. (2003) Sperm Competition and the Function of Male Masturbation in Non-Human Primates. Sexual Selection in Primates: New Perspectives and Directions. (Book Series of the American Society of Primatologists) (Ed. Wallis J. Jones CB.).
  3. 川本 芳. (2003) 遺伝子の多様性から考える進化-霊長類の集団遺伝学-. 霊長類学のすすめ (Ed. 京都大学霊長類研究所), pp. 152-170. 東京: 丸善.

屋久島ステーションのページに戻る

一般向け雑誌、講演など

  1. Morino Mari. (2003) Forest as commons between monkey and local society, Report of the international seminar "Common-pool resources in Japan and worldwide from the historical and contemporary perspectives". World Wide Business Review, pp. 178-180.
  2. 香田 啓貴. 竹元 博幸. 山根 明弘. (2003) 自由集会記録:「信号と情報の伝達:個体から個体、世代から世代、種から種へ」. 哺乳類科学, pp. 153-154.

屋久島ステーションのページに戻る

学会発表

  1. 森野 真理. 神谷 大介. 坂本 麻衣子. 萩原 良巳. (2003) 地域社会の誇りと自然の保全意識との関係性の分析. 日本地域学会第40回年次大会,
  2. 森野 真理. 萩原 良巳. 坂本 麻衣子. (2003) 地域社会における生息地の保全インセンティブに関する分析. 第31回環境システム研究論文発表会,
  3. 早石 周平. 川本 芳. (2003) 屋久島におけるニホンザルのmtDNA変異の地理的分布と環境の対応関係. 日本哺乳類学会大会, 岩手大学.
  4. 早石 周平. 川本 芳. (2003) 屋久島のニホンザルのmtDNA多型の地理的分布と環境との関係. 日本霊長類学会大会, 宮城教育大学.
  5. 東樹 宏和. 曽田 貞滋. (2003) ツバキ‐シギゾウムシ共進化系における軍拡競争の起源. 第35回種生物学会, 六甲山YMCA.
  6. 堀内 史朗. (2003) ニホンザルオスの親和関係:屋久島と下北半島の比較. 日本霊長類学会, 宮城教育大学.
  7. 堀内 史朗. (2003) 群れの大きさはどのように決まるか?. 数理社会学会, 大分大学.
  8. 揚妻 直樹. 揚妻(柳原) 芳美. (2003) ヤクシカの採食品目構成の季節変動:採食行動の直接観察より. 第50回日本生態学会, つくば.
  9. 鈴木 滋. (2003) 野生ニホンザルのカウント精度とカウント時の社会的特徴の検討. 第19回日本霊長類学会大会, 宮城教育大学・仙台市戦災復興記念館.

屋久島ステーションのページに戻る