屋久島観察ステーションを利用した研究業績 1998

更新日 2008年12月

学術雑誌

  1. Agetsuma N. Nakagawa N. (1998) Effects of habitat differences on feeding behaviors of Japanese monkeys: Comparison between Yakushima and Kinkazan. Primates, 39, 275-289.
  2. Maruhashi T. Saito C. Agetsuma N. (1998) Home range structure and inter-group competition for land of Japanese macaques in evergreen and deciduous forests. Primates, 39, 291-301.
  3. Saito C. Sato S. Suzuki S. Sugiura H. Agetsuma N. Takahata Y. Sasaki C. Takahashi H. Tanaka T. Yamagiwa J. (1998) Aggressive intergroup encounters in two populations of Japanese macaques (Macaca fuscata). Primates, 39, 303-312.
  4. Sugiura H. (1998) Matching of acoustic features during the vocal exchange of coo calls by Japanese macaques. Animal Behaviour, 55, 673-687.
  5. Suzuki S. Hill D. A. Sprague D. S. (1998) Intertroop transfer and dominance rank structure of nonnatal male Japanese macaques in Yakushima, Japan. International Journal Of Primatology, 19, 703-722.
  6. Suzuki S. Noma N. Izawa K. (1998) Inter-annual variation of reproductive parameters and fruit availability in two populations of Japanese macaques. Primates, 39, 313-324.
  7. Takahata Y. Suzuki S. Agetsuma N. Okayasu N. Sugiura H. Takahashi H. Yamagiwa J. Izawa K. Furuichi T. Hill D. A. Maruhashi T. Saito C. Sato S. Sprague D. S. (1998) Reproduction of wild Japanese macaque females of Yakushima and Kinkazan islands: A preliminary report. Primates, 39, 339-349.
  8. Takahata Y. Suzuki S. Okayasu N. Sugiura H. Takahashi H. Yamagiwa J. Izawa K. Agetsuma N. Hill D. Saito C. Sato S. Tanaka T. Sprague D. (1998) Does troop size of wild Japanese macaques influence birth rate and infant mortality in the absence of predators? Primates, 39, 245-251.
  9. Yamagiwa J. Hill D. (1998) Intraspecific variation in the social organization of Japanese macaques: Past and present scope of field studies in natural habitats. Primates, 39, 257-273.
  10. Yamagiwa J. Izawa K. Maruhashi T. (1998) Long-term studies on wild Japanese macaques in natural habitats at Kinkazan and Yakushima: Preface. Primates, 39, 255-256.
  11. Yoshihiro S. Furuichi T. Manda M. Ohkubo N. Kinoshita M. Agetsuma N. Azuma S. Matsubara H. Sugiura H. Hill D.A. Kido E. Kubo R. Matsushima K. Nakajima K. Maruhashi T. Oi T. Sprague D. Tanaka T. Tsukahara T. Takahata Y. (1998) The Distribution of Wild Yakushima Macaque (Macaca fuscata yakui). Troops around the Coast of Yakushima Island, Japan. Primate Research, 14, 179-187.
  12. Yumoto T. Noma N. Maruhashi T. (1998) Cheek-pouch dispersal of seeds by Japanese monkeys (Macaca fuscata yakui) on Yakushima Island, Japan. Primates, 39, 325-338.
  13. 好廣 眞一. 大竹 勝. 座馬 耕一郎. 半谷 吾郎. 松原 始. 谷村 寧昭. 久保 律子. 松嶋 可奈. 早川 祥子. 小島 孝敏. 平野 晃史. 高畑 由起夫. (1998) 屋久島東部ヤクスギ林帯におけるヤクシマザルの分布と糞分析による食性の調査. 霊長類研究, 14, 189-199.
  14. 田中 幸治. 太田 英利. (1998) 屋久島西部におけるヘビ類の自然史. 爬虫両棲類学雑誌, 17, 185-186.
  15. 田中 俊明. (1998) 霊長類のコンタクト・コールにおける高周波音声に対する選好反応─ニホンザルとワオキツネザルの場合. 心理学研究, 69, 113-121.
  16. 揚妻 直樹. (1998) 屋久島の野生ニホンザルによる農作物被害の発生過程とその解決策の検討. 保全生態学研究, 3, 43-55.

屋久島ステーションのページに戻る

学位論文

  1. 田中 俊明. (1998) ニホンザルの音声コミュニケーションにおける地域差─クー・コールを中心として─. 博士論文 文学研究科心理学専攻, 日本大学大学院.
  2. 早川 祥子. (1998) ヤクシマザル野生群の繁殖戦略と交尾パターン. 修士論文 理学研究科生物科学専攻(霊長類学系), 京都大学.

屋久島ステーションのページに戻る

報告書など

  1. 山極 寿一. (1998) 屋久島におけるこれまでのエコ・ミュージアム的活動. 上屋久町委託研究「屋久島オープン・フィールド博物館構想」 (Ed. by 屋久島研究グループ), pp. 23-29.
  2. 山極 寿一. 池田 啓. (1998) 自然との新たな関わりの動き. 上屋久町委託研究「屋久島オープン・フィールド博物館構想」 (Ed. by 屋久島研究グループ), pp. 1-7.
  3. 揚妻 直樹. (1998) 屋久島における世界自然遺産の保全. 上屋久町委託研究「屋久島オープン・フィールド博物館構想報告書 (Ed. by 屋久島研究グル−プ), pp. 59-65.
  4. 揚妻 直樹. (1998) ワイルドライフマネイジメントと霊長類学の役割. 秋田経済法科大学経済学部紀要, 27, 43-59.

屋久島ステーションのページに戻る

学会発表

  1. Hill D.A. Agetsuma N. (1998) Fragmentation, habitat-use and diet of macaques and deer in warm temperate rain forest of Yakushima, Japan. XVIth congress of the International Primatological Society,
  2. Hill D.A. Agetsuma, N. (1998) Socio-economic correlates of crop-raiding by Japanese macaques in Yakushima. XVIth congress of the International Primatological Society,
  3. 金谷 整一. (1998) 絶滅の危機にあるヤクタネゴヨウについて. 屋久島研究自然教育グループ1998年スライド講演会, 一湊公民館.
  4. 高畑 由起夫. 小山 直樹. (1998) 霊長類の母系集団で、集団サイズは出産率に影響するか?:ニホンザルとワオキツネザル. 第45回日本生態学会大会, 京都大学.
  5. 山極 寿一. (1998) ヤクシマザルの採食行動における性差. 第14回日本霊長類学会, 岡山理科大学.
  6. 松原 幹. (1998) 野生ヤクシマザルの発情期における採食行動〜採食に及ぼすコンソート形成の影響について. 第14回日本霊長類学会大会, 岡山.
  7. 杉浦 秀樹. (1998) ニホンザルのクー・コールの音響的特徴の変異と個体間距離の対応. 第17回日本動物行動学会大会, 東京.
  8. 杉浦 秀樹. 松原 幹. 揚妻 直樹. 小山 陽子. 佐々木 ちさと. 清地 香織. 田中 俊明. 大谷 達也. 小林 直子. (1998) 屋久島の野生ニホンザルにおける餌付き方の変化. 第14回日本霊長類学会大会, 岡山.
  9. 相場 慎一郎. Hill D.A. (1998) 屋久島の照葉樹林の原生林と二次林の比較. 第45回日本生態学会大会, 京都.
  10. 大谷 達也. (1998) 種子はヤクシマザルによってどこへ運ばれるか. 第45回日本生態学会大会, 京都大学.
  11. 大谷 達也. (1998) ヤクシマザル(Macaca fuscata yakui)による種子散布. 第109回日本林学会大会, 宇都宮大学峰キャンパス(宇都宮).
  12. 大谷 達也. (1998) ヤクシマザルによる果実の採食様式と種子散布. 第45回日本生態学会大会, 京都大学.
  13. 半谷 吾郎. (1998) 野生ニホンザルオスの菜食行動の年齢差. 第14回日本霊長類学会大会, 岡山理科大学.
  14. 半谷 吾郎. 座馬 耕一郎. 松原 始. 好廣 眞一. 高畑 由起夫. 大竹 勝. (1998) ヤクシマザルの垂直分布. 第45回日本生態学会大会, 京都大学.

屋久島ステーションのページに戻る