屋久島観察ステーションを利用した研究業績 1992

更新日 2008年12月

学位論文

  1. 杉浦 秀樹. (1992) Conversation analysis of coo calls in Japanese monkeys. 修士論文 理学部生物科学専攻, 東京大学.

屋久島ステーションのページに戻る

書籍

  1. Maruhashi T. (1992) Fission, takeover, and extinction of a troop of Japanese monkeys (Macaca fuscata yakui) on Yakushima Island, Japan. Topics in Primatology, 2, 47-56.
  2. Hill D.A. (1992) Conservation of Japanese macaques (Macaca fuscata yakui) in Yakushima: the need for effective protected areas. Topics in Primatology, vol. 2, Behavior, Ecology and Conservation (Ed. Itoigawa, N. Sugiyama, Y. Sackett G. Thompson R.K.R.), pp. 395-401: Univ. of Tokyo Press.
  3. Okayasu N. (1992) Prolonged Estrus in Female Japanese Macaques (Macaca fuscata yakui) and the Social Influence on Estrus: With Special Reference to Male Intertroop Movement. Topics in Primatology (Ed. Tokyo: Tokyo Univ. Press.
  4. 丸橋 珠樹. (1992) ニホンザル. 進化の隣人 サルとの対話 (Ed. 河合 雅雄.), pp. 37-43: 毎日新聞社.

屋久島ステーションのページに戻る

一般向け雑誌、講演など

  1. Hill D.A. Agetsuma N. (1992) Annual variation on the use of a major plant food by wild Japanese macaques in Yakushima. Primate Eye, pp. 8.
  2. 丸橋 珠樹. (1992) 屋久島における群れと社会変動. 動物たちの地球, pp. 196-199.
  3. 岡安 直比. (1992) サルに囲まれて. In: 毎日新聞.

屋久島ステーションのページに戻る

学会発表

  1. Sprague D. (1992) Male inter-troop mobility among the japanese macaques of Yakushima Island, Japan. American Association of Physical Anthropology, Las Vegas.
  2. Hill D.A. Agetsuma N. (1992) Annual variation on the use of a major plant food by wild Japanese macaques in Yakushima. Primate Society of Great Britain,
  3. 杉浦 秀樹. (1992) ニホンザルのクー・コールにおける発声行動の可塑性. 日本動物行動学会第11回大会, 筑波.
  4. 杉浦 秀樹. (1992) ニホンザルのクー・コールにおける発声行動の可塑性. 第8回日本霊長類学会大会, 京都.
  5. 田中 俊明. 杉浦 秀樹 (1992) ヤクザルのクー・コールにおける方言. 日本動物行動学会第11回大会, つくば研究交流センター(科学技術庁).
  6. 田中 俊明. 杉浦 秀樹. (1992) ヤクザルのクー・コールにおける方言. 第8回日本霊長類学会学術大会, 京都リサーチパーク.
  7. 東 滋. 増井 憲一. 高畑 由起夫. (1992) ヤクザルの生命表. 日本霊長類学会第8回大会, 京都大学.
  8. 揚妻 直樹. (1992) 野生ヤクシマザル(Macaca fuscata yakui)の食物選択行動. 日本動物行動学会第11回大会,
  9. 揚妻 直樹. (1992) ヤクシマザルの一日当りの移動距離と採食品目の関係. 第39回日本生態学会,
  10. 揚妻 直樹. (1992) ヤクシマザルの遊動距離と採食品目の関係. 第8回日本霊長類学会,

屋久島ステーションのページに戻る