屋久島研究会 2018

はじめに

 屋久島での研究成果を中心とした研究会を企画しました。屋久島で研究されていて、今年度で卒業−就職される方が、かなりおられます。 就職後には、なかなかお話を伺うのが難しくなってしまうため、修士論文などが一段落した後で、お話を聞く機会を設けたいと思います。また、修士論文の方だけでは、少し規模も小さいので、それ以外の方にもお話をいただくこととしました。(少し屋久島からはみ出す部分も出てきました。タイトルも変更するかもしれませんが・・)

 まだ、未定の部分もありますが、日時や、発表タイトルなどをお知らせします。ご参加いただければさいわいです。
 屋久島に限らず、関心のある話題がありましたら、どなたでもご参加いただけます。途中での入退場も構いません。

参加される方はご連絡をお願いします

会場がやや狭いので、ご参加いただける方は、できるだけ事前にご連絡ください。もし、参加人数が会場の座席数を上回りそうな場合は、追加の椅子の手配が応が必要です。ご協力をお願いします。

以下の情報を書いて、下記までお申し込みください。
・お名前(名札を作ります)
・ご所属(名札を作ります)
・連絡先 (電子メールなど)
・研究会に 参加・不参加
・懇親会に 参加・不参加

申込・問い合わせ先
杉浦 e-mail: sugiura.hideki.7s@kyoto-u.ac.jp

日時・場所

日時 2018年2月24日(土) 10:00-17:30頃
   研究会終了後 懇親会を行います
場所 キャンパスプラザ京都(京都駅前)・京都大学サテライト講習室(6階・第8講習室)
   キャンパスプラザ京都アクセス のページへ

プログラム

以下の方の発表を予定しています。
発表者はもう少し増える可能性があります。また、タイトルなどは変更する場合があります。
詳細な時刻、要旨などは順次掲載する予定です。

肥後悠馬、梶村恒、三浦光 (名古屋大・生命農学研究科・森林保護学 )
屋久島の亜熱帯から森林限界における野ネズミの垂直分布と生態適応

長野秀美1、福本繁2、高柳敦1 (1 京都大・農学研究科・森林科学専攻、2自営業
シカが忌避するタヌキのため糞場

日下部力1、揚妻直樹2 (1北海道大・環境科学院、2北海道大・北方生物圏フ ィールド科学センター)
非発情期におけるニホンジカ(Cervus nippon)オスの社会関係

中村泉1、栗原洋介2、澤田晶子3、清野未恵子4、半谷吾郎2 ( 1京都大・理学研究科、2京都大・霊長類研究所、3京都府立大・生命環境科学研究科、4神戸大・人間発達環境学研究科)
屋久島海岸域に生息するニホンザルにおける果実選択

向井真那1、相場慎一郎2、北山兼弘1 2  (1京都大・農学研究科、2鹿児島大・理工学研究科)
屋久島火山灰土壌における樹木細根滲出物が根圏土壌のリンに与える影響

三浦光、梶村恒 (名古屋大・生命農学研究科・森林保護学)
ニホンジカ背面画像を用いた自動個体識別アルゴリズムの開発

大谷洋介1、小川均 2 (1大阪大・COデザインセンター、2立命館大・情報理工学部)
ニホンザル顔認識システムとその応用可能性について




18:00頃〜 懇親会

(特に断りのない場合、写真の著作権は発表者にあります。許可なく使用しないでください)