辻 紀海香

野生動物研究センター 博士後期課程

鯨類の生態や行動に興味を持ち、現在は小型ハクジラの一種であるミナミハンドウイルカを対象とした研究を行っています。伊豆諸島の御蔵島周辺に生息する個体群の移動や分布について、船上や水中での観察の他、音声データを用いて調査しています。

Eメールアドレス   tsuji
略歴 Educational History
  • 2015年
    京都大学大学院理学研究科 生物科学専攻 博士後期課程進学
  • 2014年
    京都大学野生動物研究センター 研究生
  • 2014年
    東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科 海洋環境保全学専攻 博士前期課程修了
  • 2012年
    東京海洋大学海洋科学部 海洋環境学科 卒業
執筆文章 Selected Publications

  • Tsuji K, Kogi K, Sakai M, and Morisaka T. (2017) Emigration of Indo-Pacific Bottlenose Dolphins (Tursiops aduncus) from Mikura Island, Japan. Aquatic Mammals, 43(6), 585-593. doi: 10.1578/AM.43.6.2017.585
  • 辻紀海香. (2015) 御蔵島~イルカと泳ぐ海~. 京都大学総合博物館ニュースレター, 35:4.
  • Tsuji, K., Kagami, L., Shakata, K., Kato, H. (2014) Circumstantial Analysis of the Appearance of Whales on the Hydrofoil’s Route in the Japanese Coast. The Journal of Japan Institute of Navigation, 130.
学会発表

  • 辻紀海香、加賀美りさ、社方健太郎、加藤秀弘. (2013) 日本沿岸域における超高速船航路上の鯨類出現状況分析. 第129回日本航海学会、兵庫
  • 辻紀海香. 超高速船との衝突回避に向けた鯨類忌避音の評価と改良. (2014) 第34回関東地区生態学関係修士論文発表会、東京
  • 辻紀海香、小木万布、酒井麻衣、森阪匡通、幸島司郎. (2014) 御蔵島に生息するミナミハンドウイルカの個体間関係―特に移出個体やオスの関係について―研究計画. 2014年度勇魚会シンポジウム、京都
  • Tsuji, K., Kato, H. and Kohshima, S. (2015) Study about nighttime behavior and resting site of Indo-Pacific bottlenose dolphin (Tursiops aduncus) around Mikura Island, Japan in PWS. The 2nd Annual Symposium of Leading Graduate Program in Primatology and Wildlife Science, Kyoto, Japan
  • Tsuji, K. and Kogi, K. (2015) Emigration of Indo-Pacific Bottlenose Dolphins around Mikura Island, Japan. Vth International Wildlife Management Congress, Sapporo, Japan
  • Tsuji, K. and Kogi, K. (2016) Long-distance Travel of Indo-Pacific Bottlenose Dolphins from Mikura Island, Japan. International Symposium "The Ganges River Dolphins", Shizuoka, Japan