田和 優子 (博士後期課程)

tawa.yuko.75r

バクが2000万年も前からその形態をほとんど変えることなく現在まで存続してきたことに興味を持ち、ブラジルバクとマレーバクを対象にその行動を研究しています。バクが周囲の環境から何を感知し、それに対してどのように反応し行動をとっているかを調べるため、国内の動物園とマレー半島の森林でバク科動物の行動観察や行動実験を行っています。 (写真:京都市動物園のブラジルバクの「ミノリ」)

略歴

  • 2011年 京都大学理学部卒業
  • 2013年 京都大学大学院理学研究科(生物科学専攻)修士課程修了
  • 2013年 京都大学大学院理学研究科(生物科学専攻)博士後期課程進学

執筆文章

  1. Yuko Tawa, Teppei Jono, and Hideharu Numata (2014) Circadian and Temperature Control of Activity in Schlegel’s Japanese Gecko, Gekko japonicus (Reptilia: Squamata: Gekkonidae). Current Herpetology 33(2): 121-128, August 2014.
  2. 田和優子. 朝日小学生新聞(Asahi Syogakusei Shinbun newspaper for primary school students). 「おいでやす!野生動物の研究室 9.マレーバクを追う」. 2014年5月27日付.

学会発表

  1. Yuko TAWA, Shahrul Anuar Mohd SAH, Hisashi MATSUBATASHI, Shiro KOHSHIMA. “Utilization of salt licks by wild Malayan tapirs”. The 3rd International Workshop on Tropical Biodiversity and Conservation (JSPS Core to Core program). September 2014, Arusha, TANZANIA.
  2. 田和優子, Shahrul Anuar Mohd SAH, 田中正之, 幸島司郎. 「野生マレーバクの塩場利用」, 『日本哺乳類学会2014年度大会』, P-095. 2014年9月, 京都.
  3. Yuko TAWA, Shahrul Anuar Mohd SAH, Shiro KOHSHIMA. “Vocalization as short-distance communication in wild Malayan tapir (Tapirus Indicus)”. 2nd International Seminar on Biodiversity and Evolution (JSPS Core to Core program). June 2014, Kyoto, JAPAN.
  4. Yuko TAWA, Masayuki TANAKA, Shiro KOHSHIMA. “Scent-related behaviors and vocalization in wild Malayan tapirs”. International Symposium "Dolphin acoustics, behavior and cognition". February 2014, Shizuoka, JAPAN.
  5. 田和優子, 田中正之, 幸島司郎. 「カメラトラップを用いた、半島マレーシアに生息する哺乳類の塩場での行動調査」, 『アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い, シンポジウムSAGA16』, P-40. 2013年11月, 高知.
  6. Yuko TAWA, Masayuki TANAKA, Shiro KOHSHIMA. “Spraying urine and flehmen −function of scent-related behaviors in tapirs”. 2nd International Seminar on Biodiversity and Evolution (JSPS Core to Core program). June 2013, Kyoto, JAPAN.
  7. 田和優子, 水野章裕, 河村あゆみ, 伊藤英之, 田中正之. 「飼育下ブラジルバク個体間のにおいを介したやり取り」, 『シンポジウム・動物園大学3 in 熊本』. 2013年3月, 熊本.
  8. Yuko TAWA. “Observational studies on behaviors of captive lowland tapirs (Tapirus terrestris) -- preliminary reports of aggressiveness in male-male encounter and behavioral change during raining -“. 1st International Network Workshop on Tropical Biodiversity Conservation in Brazil (JSPS Core to Core program). October 2012, Manaus, BRAZIL.
  9. 田和優子, 水野章裕, 河村あゆみ, 伊藤英之, 田中正之. 「飼育下ブラジルバクのオス同士の攻撃的交渉の分析」, 『第18回日本野生動物医学会大会』. 2012年8月, 青森.
  10. 田和優子, 金澤朋子, 佐藤英雄, 五十嵐隆, 田中正之. 「飼育下マレーバクの母子の活動の変化」, 『シンポジウム・動物園大学2 in 名古屋』. 2012年3月, 愛知.
メンバーリストに戻る