橋 明子 (研究員(研究機関))

京都大学博士(農学)
sabazora
個人ページ

 動物・植物が生息・生育していく際には、互いに直接・間接的な影響を及ぼしあっています。生物間相互作用の効果は当事者間はもちろん、ときに一見関係のない生物種や生物群集全体に波及します。様々な種類の生物間相互作用の中でも特に、植物の栄養成分や被食防御物質など化学成分に応じた動物の採食選択、および採食が植物に与える影響に関する研究を行っています。また植物組織の質は、同種であっても季節間、植物個体間・内で大きく異なることが知られています。そこで近赤外分光法を用いた植物組織の非破壊的・迅速な化学成分推定法を導入し、動物を取り巻く餌環境のモニタリング法の確立を目指しています。
現在幸島において、ニホンザルと植物群集を対象として上記のモニタリング法の開発や、餌環境の違いがサルの個体群動態に与える影響、サルによる採食が植物群集に与える影響についての研究を行っています。

略歴

  • 2000-2004年 東京農工大農学部地域生態システム学科
  • 2004-2006年 京都大学大学院農学研究科森林科学専攻修士課程
  • 2006-2009年 京都大学大学院農学研究科森林科学専攻博士課程 博士(農学)取得
  • 2009-2010年 東京大学アジア生物資源環境研究センター特任研究員
  • 2010-2012年 首都大学東京大学院理工学研究科生命科学専攻客員研究員
  • 2010-2012年 都留文科大学文学部初等教育学科非常勤講師(自然科学実験・観察(動物分野)担当)
  • 2011-2012年 専修大学経済学部非常勤講師(生物科学201・202担当)
  • 2012年-   現職

おもな業績

  1. A. Takahashi, T. Shimada (2008) Selective consumption of acorns by the Japanese wood mouse according to tannin content: a behavioral countermeasure against plant secondary metabolites. Ecological Research 23:1033-1038
  2. I. Mizuki, A. Takahashi (2009) Secondary dispersal of Dioscorea japonica (Dioscoreaceae) bulbils by rodents. Journal of Forest Research 14:2, 95-100
  3. A. Takahashi, Y. Ichihara, Y. Isagi, T. Shimada (2010) Effects of acorn tannin content on infection by the fungus Ciboria batschiana. Forest Pathology 40: 96-99
  4. T. Shimada, A. Takahashi, M. Shibata (2010) Effects of seed size and chemical variation on seed fates in a deciduous oak species Quercus serrata. Journal of Integrated Field Science 7:15-18
  5. A. Takahashi, T. Shimada, S. Kawano (2011) Nondestructive determination of tannin content in intact individual acorns by near infrared spectroscopy. Ecological Research 26:679-685
  6. A. Takahashi, M. Shibata, T. Shimada (2011) Variation in seed production schedule among individual trees of a deciduous oak species Quercus serrata: Its relation to seed characteristics. Plant Ecology 212(9): 1527-1535
  7. K. Ashizawa, M. Kimura, A. Takahashi, C. Lian, N. Kuramoto (2012) Development of microsatellite markers in a riparian shrub, Spiraea thunbergii (Rosaceae). American Journal of Botany 99:7, 283-285
  8. K. Sano, S. Koike, A. Takahashi, N. Tokita, C. Kozakai, K. Furubayashi (2012) Relationships between Swida controversa fruit phenology and fruit removal behaviors of frugivorous birds. Ornithological Science 11:121-128
  9. Y. Matsuki, A. Takahashi, Y. Nakajima, C. Lian, M. D. Fortes, W. H. Uy, W. L. Campos, M. Nakaoka, K. Nadaoka (2013) Development of microsatellite markers in a tropical seagrass Syringodium isoetifolium (Cymodoceaceae). Conservation Genetics Resources (Online published)
  10. 高橋明子, 阿部晴恵 (2013) 群集レベルで植物と動物散布者の相互作用系を捉えることの意義. フェノロジー研究 48:36-42
メンバーリストに戻る