榊原 香鈴美 (博士後期課程)

sakakibara

 海という環境でみられる動物の“社会”の成り立ちを明らかにするため、鯨類の認知能力や社会性に関する研究をしています。伊豆諸島の御蔵島では、野生のイルカを水中で個体識別しながら、観察しています。特に、水中にいるイルカ以外の生物・もの・ヒトに対するイルカの行動に注目し、個体間の関係を明らかにしようとしています。

略歴

  • 2013年 東京農工大学農学部 地域生態システム学科 卒業
  • 2015年 京都大学大学院理学研究科 生物科学専攻 修士課程修了
  • 2015年 京都大学大学院理学研究科 生物科学専攻 博士課程進学

執筆文章

  1. 榊原香鈴美(2014)「初訪問!須磨水〜勇魚会シンポジウム参加記〜」, 勇魚だより 第60号, 2014年6月25日発行
  2. 榊原香鈴美(2014)「イルカのジグザグ泳ぎ」おいでやす!野生動物の研究室2 第10回, 朝日小学生新聞,  2014年6月3日発刊
  3. Tadamichi Morisaka, Mai Sakai, Kazunobu Kogi, Akane Nakasuji, Kasumi Sakakibara, Yuria Kasanuki, Motoi Yoshioka, Spontaneous ejaculation in a wild Indo-Pacific bottlenose dolphin (Tursiops aduncus), PLOS ONE: 10.1371/journal.pone.0072879, 2013

学会発表

  1. Kasumi Sakakibara, Kazunobu Kogi, Mai Sakai, Tagamichi Morisaka, Shiro Kohshima, Differences of “inquiring” behaviors to human by sex and age class in the wild dolphins, International Symposium "Baleen Whale Behavior", Shizuoka, Japan, February 2015
  2. 榊原香鈴美,小木万布,酒井麻衣,森阪匡通,幸島司郎,「野生イルカはどのように水中遊泳者に接近するか?」,日本動物行動学会第33回大会,長崎,2014年11月
  3. Kasumi Sakakibara, Mai Sakai, Tagamichi Morisaka, Kazunobu Kogi, Shiro Kohshima, How do wild dolphins approach toward underwater swimmers? ,  The 3rd International Workshop on tropical biodiversity and conservation, Impara Hotel, Tanzania, September 2014
  4. 榊原香鈴美,酒井麻衣,森阪匡通,小木万布,幸島司郎,「人(スイマー)の接近時に生じるミナミハンドウイルカ(Tursiops aduncus)の『防衛行動』についての研究」,日本水産学会春季大会,函館,2014年3月
  5. Kasumi Sakakibara, Mai Sakai, Tagamichi Morisaka, Kazunobu Kogi, Shiro Kohshima, Possible guarding behaviors in Indo-Pacific bottlenose dolphins (Tursiops aduncus), PWS Kick-off symposium, Kyoto, Japan, March 2014
  6. Kasumi Sakakibara, Mai Sakai, Tagamichi Morisaka, Kazunobu Kogi, Shiro Kohshima, Possible guarding behaviors in Indo-Pacific bottlenose dolphins (Tursiops aduncus), International Symposium "Dolphin acoustics, behavior and cognition", Shizuoka, Japan, February 2014
  7. 榊原香鈴美, 海域実習「海況モニタリング調査報告」, 東京都自然ガイド養成講習会, 東京都御蔵島村, 2013年10,11月
  8. Kasumi Sakakibara, Mai Sakai, Tagamichi Morisaka, Kazunobu Kogi, Shiro Kohshima, Possible calf-guarding behaviors in Indo-Pacific bottlenose dolphins (Tursiops aduncus)-Research plan, The 2nd International Network Workshop on Tropical Biodiversity and Conservation Focusing on the Studies on Large Animals. Centre for Ecological Sciences Indian Institute of Science, Bangalore, India, September 2013
メンバーリストに戻る