村山美穂

野生動物研究センター センター長・教授
京都大学博士(理学)

直接観察が難しい野生動物でも、糞や毛などのからDNAを抽出して、行動や生態に関する様々な情報を得ることができます。私たちは哺乳類から鳥類までの多様な動物種を対象に、多くの研究者が活用できる野生動物のDNAや細胞および個体情報のデータベースを作製し、多型マーカーを開発して、系統や多様性や血縁関係や個性といった、保全に必要な遺伝情報に関する研究を進めています。とくに行動や性格といった複雑な表現型の個体差や種差のゲノム基盤の解明では、国内外の研究者と学際的な共同研究を進行中です。フィールドと実験室、生態とゲノムをつなぐ研究を目指す人々が集う研究室です。

Eメールアドレス   個人ページURL http://miho-murayama.sakura.ne.jp
Change Language to   English
略歴 Educational and Professional History
  • 2008年-
    現職
    (2017年10月16日から 同センター長)
  • 2004-2008年
    岐阜大学応用生物科学部助教授(2007年4月より准教授)
  • 2003-2004年
    岐阜大学農学部助教授
  • 1997-2003年
    岐阜大学農学部助手
  • 1993-1997年
    社団法人畜産技術協会附属動物遺伝研究所研究員
  • 1992-1994年
    京都大学非常勤講師理学部(霊長類学)
  • 1990-1992年
    日本学術振興会特別研究員
主な業績 Selected Publications

  • Adenyo C, Ogden B, Kayang BB, Onuma M, Nakajima N, Inoue-Murayama M: Genome-wide DNA markers to support genetic management for domestication and commercial production in a large rodent, the Ghanaian grasscutter (Thryonomys swinderianus). Animal Genetics 48:113-115, 2017.
  • Sakai M, Kita YF, Kogi K, Shinohara M, Morisaka T, Shiina T, Inoue-Murayama M: A wild Indo-Pacific bottlenose dolphin adopts a socially and genetically distant neonate. Scientific Reports 6:23902, 2016.
  • Konno A, Romero T, Inoue-Murayama M, Saito A, Hasegawa T: Dog breed differences in visual communication with humans. PLoS One 11(10):e0164760, 2016.
  • Ito H, Langenhorst T, Ogden R, Inoue-Murayama M: Population genetic diversity and hybrid detection in captive zebras. Scientific Reports, 5:13171, 2015.
  • Weiss A, Staes N, Pereboom JJM, Inoue-Murayama M, Stevens JMG, Eens M: Personality in Bonobos. Psychological Science 26:1430‐1439, 2015.
  • Nishina K, Takagishi H, Inoue-Murayama M, Takahashi H, Yamagishi T: Polymorphism of the oxytocin receptor gene modulates behavioral and attitudinal trust among men but not women. PLoS One. 2015. 10:e0137089.
  • Kaneko T, Ito H, Sakamoto H, Onuma m, Inoue-Murayama M: Sperm preservation by freeze-drying for the conservation of wild animals. PLOS ONE,e113381.2014
  • Fukuda T, Kurota J, Saito T, Yusasa K, Kurita M, Donai K, Nitto H, Soichi M, Nishimori K, Uchida T, Isogai E, Onuma M, Sone H, Seko N, Inoue-Murayama M: Efficient establishment of primary fibroblast cultures from the hawksbill sea turtle (Eretmochelys imbricata). In Vitro Cellular & Developmental Biology - Animal 48:660-665, 2012.
  • Inoue-Murayama M, Weiss A, Morimura N, Tanaka M, Yamagiwa J, Idani G: Molecular Behavioral Research in Great Apes. In: Inoue-Murayama M, Kawamura S, Weiss A, editors. From Genes to Animal Behavior. Tokyo: Springer (ISBN978-4-431-53891-2) pp.239-253, 2011.
  • 村山美穂:動物の性格を遺伝子から知る.平成25年度総合博物館企画展「海」実行委員会 編: WAKUWAKUときめきサイエンスシリーズ4 京都通信社(京都)pp.190-192, 2013(共著).