藤澤 道子(助教)

高知医科大学医学博士
fujisawa.michiko.2u

地域在住高齢者の加齢と包括的機能評価に関する縦断研究、高齢者の健康維持・介護予防に関する研究、認知症患者に対する介護の質・narrative based medcineに基づく研究をおこなってきた。これまでの研究をふまえ、今後は高齢者の生活の質(QOL)の向上を目指したい。現在は人だけでなくチンパンジーの老化研究に重点をおいている。
また西ニューギニア地域における神経難病の実態調査をおこなっている。地域特異性のある疾患であり、原因究明とともにその地域における介護の実態調査もおこなう。

略歴

  • 1992年 高知医科大学老年病科研修医
  • 1994年 中村病院内科医師
  • 1994年 11月大阪住友病院神経内科医師
  • 1997年 高知医科大学老年病科研究生
  • 1999年 国立長寿医療センター疫学研究部研究員
  • 2003年 国立長寿医療センター病院内科(老年科)
  • 2007年 京都大学霊長類研究所福祉長寿研究部門助教
  • 2008年 京都大学野生動物研究センター助教

主な業績

  1. Fujisawa M, Okumiya K, Matsubayashi K, Hamada T, Endo H, Doi Y: Factors associated with carotid atherosclerosis in community-dwelling oldest elderly aged over 80 years. Geriatrics & Gerontology International 8(1):12-18. 2008.
  2. Okumiya K, Fujisawa M, Ishine M, Wada T, Sakamoto R, Hirata Y, Del Saz EG, Griapon Y, Togodly A, sanggenafa N, Rantetampang AL, Kokubo Y, Kuzuhara S, Matsubayashi K: Fieldwork survey of neurodegenerative diseases in West New-Guinea in 2001-02 and 2006-07. Rinsho Shinkeigaku 47(11):977-8, 2007.
  3. Fujisawa M, Ishine M, Okumiya K, Nishinaga M, Doi Y, Ozawa T, Matsubayashi K. Effects of long-term exercise class on prevention of falls in community-dwelling elderly: Kahoku longitudinal aging study. Geriatrics & Gerontology International, 7:357-362,2007.
  4. Fujisawa M, Matsubayashi K, Wada T, Okumiya K, Doi Y, Shimokata H.: The comparison of blood pressure of community-dwelling elderly subjects in Okinawa and Shikoku. Nippon Ronen Igakkai Zasshi, 37:744-8, 2000.
  5. 藤沢道子、松林公蔵、和田知子、奥宮清人:中国雲南省少数民族老年者の血液生化学.ヒマラヤ学誌;15-20、1995
  6. 藤澤道子、和田泰三、松林公蔵、瀬口春道:ソロバ村地域住民医学調査―血液生化学. ヒマラヤ学誌 7: 191-194、 2000
メンバーリストに戻る