利用について

利用上の心得

  • 研究・教育を目的とする利用に限ります。
  • 使用料はいただいていません。そのかわり、制約や義務も多いことをご理解下さい。
  • 常駐の職員が2名います。施設を利用の際は職員の指示に従ってください。
  • 掃除、洗濯、炊事など利用者の身の回りのことは自身で行ってください。
  • 人数が少ないときはゲスト用の部屋を占有することも可能ですが、利用者の数によっては相部屋となります。利用期間中の部屋の掃除は利用者が行ってください。
  • 近隣に買い物のできる場所はありません。自身で公共交通機関やレンタカー等を利用して必要なものは調達してください。
  • 観察所では、生活用品(e.g. シャンプー、洗濯用洗剤など)は提供しておりませんので、必要なものは自身で用意してください。
  • 私物は全て持ち帰るか処分して退去してください。

利用手続き

施設の利用を希望される方は、利用予定日の2週間前までに所定の申請書を用いてお申込みください。
申請書はこちら
  • 利用者多数の場合はお断りする場合があります。
  • 利用目的や利用人数によってはお断りすることがあります。
  • 3か月以上にわたる長期利用は、原則としてお断りします。
  • 利用された方は簡単な報告書を提出していただきます。

実験設備の利用について

利用を希望する機器がある場合、申請時に申告してください。常駐の研究員や他のゲストの使用状況により、利用できない場合もあります。
可能な場合はスケジュールの調整を行います。