幸島は宮崎県南部に位置する小さな島です。亜熱帯性植物が多く見られる照葉樹林に覆われ、現在約95頭のニホンザルが生息しています。「幸島猿生息地」として1934年に国の天然記念物として指定されています。また1948年には京都大学によるニホンザルの調査が始まり、以降多岐に亘る研究が行われてきました。そのため霊長類学発祥の地として知られ、現在も幸島の特性を生かした研究が進められています。幸島観察所は京都大学野生動物研究センターの付属施設として、これらの研究の拠点になっています。

イベント情報

2018年11月18日(日)公開講座「幸島ニホンザルの観察会」

公開講座「幸島ニホンザルの観察会」

京大ウィークス2018の関連イベントとして公開講座を開催いたします。午前中に幸島に渡ってニホンザルを観察し、午後からは幸島やニホンザルに関する講義を聞いていただきます。事前に申し込みが必要です。官製はがきに必要事項をご記入の上、幸島観察所までご送付ください。一枚のはがきで3名までの応募が可能です。

必要事項
①氏名・ふりがな
③生年月日
④住所
⑤郵便番号・電話番号(当日連絡のつく番号)
⑥年齢・職業または学年
⑦送迎バス利用の有無
※応募者多数の場合は抽選となります。結果は郵送にてご連絡いたします。

天候や波の状態に応じて、内容を変更、イベントを中止する場合があります。あらかじめご了承下さい。荒天で島に渡れない場合には都井岬で野生馬の観察を予定しています。
・服装はスニーカー(あれば登山靴)長袖、長ズボンの着用をお願いします。
・当日は昼食をご持参ください。

お問い合わせ・申し込み先
〒889-3311 宮崎県串間市市木16-1
京都大学野生動物研究センター幸島観察所
電話 0987-77-0045
メール koshima_st@wrc.kyoto-u.ac.jp