image-header-koshima_st
幸島

幸島について

幸島は宮崎県南部に位置する小さな島です。
亜熱帯性植物が多く見られる照葉樹林に覆われ、現在約90頭のニホンザルが生息しています。
「幸島猿生息地」として1934年に国の天然記念物として指定されています。
また1948年には京都大学によるニホンザルの調査が始まり、以降多岐に亘る研究が行われてきました。
そのため霊長類学発祥の地として知られ、現在も幸島の特性を生かした研究が進められています。
幸島観察所は京都大学野生動物研究センターの付属施設として、これらの研究の拠点になっています。

幸島観察所について

幸島観察所は幸島対岸の市木地区にあります。幸島での調査研究の拠点として1968年に建設されました。現在、京大の内外を問わず、様々な研究者が観察所を訪れ、研究・教育のために活用しています。

スタッフ

現在1名が常駐しています。

鈴村崇文(技術職員)

収容設備

洋室・和室・台所
風呂・シャワーブース
洗濯機・乾燥機
宿泊小屋(島内)

通信設備

無線LAN(miako net)
プリンター・スキャナ
コピー機・FAX

実験設備

フリーザー(-30℃)・冷蔵庫
蒸留水製造機・電子天秤
オートクレーブ・遠心分離機
顕微鏡・インキュベーター
ドライオーブン・凍結乾燥機
マイクロプレートリーダー

イベント情報

2019年11月10日(日)公開講座「幸島ニホンザルの観察会」

image--stations-01

京大ウィークス2019の関連イベントとして公開講座を開催いたします。午前中に幸島に渡ってニホンザルを観察し、午後からは幸島やニホンザルに関する講義を聞いていただきます。事前に申し込みが必要です。官製はがきに必要事項をご記入の上、幸島観察所までご送付ください。一枚のはがきで3名までの応募が可能です。

必要事項
①氏名・ふりがな
②生年月日
③住所
④電話番号(当日連絡のつく番号)
⑤年齢・職業または学年
⑥送迎バス利用の有無
※応募者多数の場合は抽選となります。
結果は郵送にてご連絡いたします。

天候や波の状態に応じて、内容を変更、イベントを中止する場合があります。あらかじめご了承下さい。荒天で島に渡れない場合には都井岬で野生馬の観察を予定しています。
・服装はスニーカー(あれば登山靴)長袖、長ズボンの着用をお願いします。
・当日は昼食をご持参ください。

お問い合わせ・申し込み先
〒889-3311 宮崎県串間市市木16-1
京都大学野生動物研究センター幸島観察所
電話 0987-77-0045
メール koshima_st@wrc.kyoto-u.ac.jp

幸島観察所の歴史

1934年(S09)
幸島猿生息地として天然記念物指定される
1948年(S23)
幸島で最初の調査が行われる
1952年(S27)
日本で初めて餌付けに成功する
1953年(S28)
イモ洗い行動が発見される
1967年(S42)
愛知県犬山市に京都大学霊長類研究所が設立される
1968年(S43)
霊長類研究所付属「幸島野外観察施設」として建物が建設され、本格的な調査が開始される
1970年(S45)
幸島に生息するサルの体重測定を開始する
1983年(S58)
「ニホンザル野外観察施設」として拡充改組され観察所の一つとなる
2008年(H20)
京都大学野生動物研究センター幸島観察所となる

所在地

京都大学野生動物研究センター幸島観察所
〒889-3311
宮崎県串間市大字市木吹切16-1